おせちの意味を知っておいしく食べよう

おせち料理は、お祝いとしてお正月に食べられています。もとは収穫物に感謝し、その土地で収穫したものをお供えしていたのですが、食文化などの変化に伴い海や山の幸も盛り込まれるようになりました。
主婦を家事から解放する意味も込められているため、おせちは保存の効く食材が中心となっています。

おせち情報の差に驚きました。

めでたさを重ねるという意味で重箱に詰められ、各段で詰める料理が異なり、しきたりや地方によっては段数や詰め方の違いが出てきます。
一の重には縁起のいい物を詰めます。



黒豆や数の子、ごまめなどの祝い肴と口取りと言われるものを入れます。


口取りは最初にお吸い物と共に出される肴で甘めの味付けです。黒豆には、日焼けして黒くなるくらいまめに働けるように、また邪気払いの意味があります。


数の子は卵の数が多いため子孫繁栄を願い、ニシンが親のため二親健在、つまり両親が健在という意味です。

ごまめは豊作の当て字で五万米が由来で、五穀豊穣を願うものです。



二の重には海の幸を入れるのですが、お重を三段にする場合には酢の物を一緒に入れます。


腰が曲がるまで生きられるように願いを込めエビを、おめでたいと芽が出るという意味を込めて鯛を詰めます三の重には、山の幸を似たものを入れますが、具材それぞれに意味があります。


明るい未来を願い蓮根を、家族が根を張って安定できるように牛蒡を、そして煮しめは1つの鍋を使い色々な食材を煮込むため、家族が仲良く結ばれるという意味を持っています。四の重には花の形に切った酢蓮といわれる蓮根の酢の物や、長生きを願う菊花かぶ、水引に似ていることから平和やおめでたいという意味が込められた紅白なますなどが入ります。

五の重は空にしておくと言われています。これには神様からいただいた福を詰めるため、これから先富や幸せが増えるため余地を空けておくなど様々な説がありますが、詰め切れなかったおせちを詰めるための予備とも言われます。