おせちに関する意味や由来

お正月が近づくとおせちが出回り、当たり前のように用意されて年が明けると皆で食していたものですが、近年は核家族化や食の欧米化と年中開いているお店があることでおせちに接する機会も減ってきています。



おせちは漢字では御節と書き、元々は中国から伝わった五節供の行事に由来したもので3月3日や5月5日の端午、7月7日の七夕など季節の変わり目に行われる行事、節句に出される祝儀料理のことでした。


体調を崩しやすい季節の変わり目に祝料理を作って神様に供えそれを食することで神様のパワーを身体に取り入れたとされています。

その節句料理の中で最も重要とされるお正月の料理を御節料理として呼ばれるようになりました。
最初は料理が高く盛られた形でしたが、近年はめでたさを重ねるという意味から重箱に詰められることが多く、本来は春夏秋冬を表す四段重、若しくは五行に由来する暦の土用を表す五段重が正式とされています。一の重には祝い肴、二の重には焼き物、三や四には酢物または煮物(煮しめ)、五は控えの重として用いられます。



もちろん、詰められる料理には台所仕事を休ませるという意味で保存のきくものというだけではなく、子孫繁栄や健康・多福への願いが込められています。
具体的には黒豆は健全、田作りは五穀豊穣、数の子は子孫繁栄の意味があり祝い肴三種としてポピュラーな料理です。



他にも昆布巻きは喜ぶに通じる縁起物で海老は腰が曲がっていることから長寿の願いが込められています。