暇な生活の更新情報

レーザー脱毛のメリットとデメリット

| 0 comments

大阪のレーザー脱毛とは、毛を処理したい部位にレーザー光線を照射し、発毛のもととなる細胞にダメ

ージを与えて毛の生える能力を衰えさせる方法です。

毛が生え変わる毛周期に合わせて、成長期にお手入れを繰り返すとだんだんと毛が細く抜けやすくなり、やがて生えてこなくなります。

毛周期は体の部位によって異なり、個人差もありますが3カ月が目安です。

一般的には、数回で毛が薄くなったと実感でき、10回ほど行えば脱毛が完了します。

光脱毛と比較すると、ライトをレーザーとして一点に集中させて照射するので、
より高い効果が期待できます。

一昔前は、レーザーを発光するときに多少の刺激を伴うこともありましたが、
近年は技術の進歩に伴い脱毛マシンの性能が向上しているので、痛みや熱を感じることなくお手入れを受けることも可能になっています。

光脱毛よりも高い効果が期待できますが、レーザーでは照射できる範囲が狭いため、
背中や足などの大きな部位のお手入れに時間がかかります。

そして、全身すべての毛がレーザー脱毛によって処理できるわけではありません。レーザーには黒い色に作用するという性質があるため、
日焼けした肌、あざやほくろなどのメラニン色素を多く含む皮膚の上には、照射できません。

また、炎症を起こすリスクがあるため粘膜の上の照射も不適とされています。全身脱毛を成功させるためには、部位や肌質を十分に考慮して、レーザー脱毛と他の方法を併用するのも賢明です。

Leave a Reply

Required fields are marked *.


*