暇な生活の更新情報

病院で受けられる効果の高い脱毛とは

| 0 comments

病院の皮膚科やクリニックで受けられる脱毛に、「医療レーザー脱毛」というものがあります。エステ

やサロンでの施術が「光脱毛」と呼ばれる機械であるのに対し、このレーザー式脱毛はより効果が高いと言われています。

毛には大きく分けて3つの周期があります。休止期・成長期・退行期です。

部位にもよりますが、1ヶ月ほどでこの周期を繰り返します。
レーザーによる施術が出来るのは、成長期にある毛のみです。
皮膚の下にある毛根に強いダメージを与えることができ、それにより自然に毛を抜け落とすのがこの施術法です。

光式との違いはこの与えられるダメージ量の違いにあります。
レーザー式の場合光式より強いダメージが与えることができるので、高い脱毛効果があります。

そのため施術には免許と知識を持った専門の医師が必須です。
肌のトラブルに対し、安心して施術を受けることができるのが大きなメリットです。

光式の効果が半永久と言われているのに対し、レーザー式の効果は永久的と言われています。

効果がより強いので、少ない施術回数でも効果を実感することができます。
光式は15回を超える施術が必要であると言われていますが、レーザー式は5回程度の回数でほぼ毛が生えてこなくなります。

レーザーによる施術なので一度の照射範囲が広く、施術時間が短いのも特徴です。
しかし現状では病院や大阪の脱毛クリニックでしか施術を受けることができないため、取り扱っているところが少ないというのが普及しない原因です。

Leave a Reply

Required fields are marked *.


*