水漏れ修理の直し方

京都の水道を訪ねる旅

1200年の歴史をもつ京都は、山紫水明の地で有名です。

清らかな水の流れが四季折々の魅力をひきたてます。湯葉や豆腐のみならず伏見の銘酒など、水に関係の深い都です。明治27年に完成した琵琶湖疎水は京都の発展に多大な貢献をしました。琵琶湖の水を多目的に効率よく使うことで産業や文化を発展させてきたのです。そして今でも京都市民の水道の蛇口の供給源になっています。明治の先人の偉大な遺産といえる水路橋やトンネルも文化財としての高い価値があります。堀川は桓武天皇により拓かれた平安京の運河です。高瀬川も、改修工事により京都の船運の発展に貢献しています。

桂川は水運として経済の大動脈になりました。江戸時代の大火を教訓として整備された本願寺水道は、防火用です。琵琶湖疎水の水を4.6キロメートル埋設された水道管により東本願寺まで運んでいます。水源地からの高低差を利用し自然水圧で水を噴き上げているもので、東京遷都により衰退した都を奮い立たせた一大事業です。京都市の南禅寺の水道橋は、文明開化から間もない時に作られました。レンガ造りの巨大なアーチ橋は見応えがあります。

テレビのサスペンスドラマやアニメのロケ地としても使われ、作品に華を添えているのです。秋の紅葉シーズンには、レトロなレンガの赤とリアルな紅葉がマッチしてインスタ映えのスポットとなります。ローマの水道橋がモデルとされており、禅寺の凛とした和の風景を盛り立てているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *