水漏れ修理の直し方

京都の水道水を美味しく飲む方法

京都の水道水は、99%が琵琶湖疎水から、1%は地下水や桂川からの水を使用しています。

ミネラルウォーターよりもさらに多くの水質検査をクリアしているところから、高い安全性が実証されており、安心して飲料することが可能なのが京都の水です。またペットボトルの水を買うよりも水道水を摂取する方が低コストで、ごみも出ないので環境への配慮も考えた行動であるといえます。水は私たちにとって必要不可欠なものです。通常私たちの身体は、1日約2.5リットルもの水分が水の量は限られているため、意識的にこまめな摂取を心がけることが大切だといわれています。とはいえ、量が量ですので、実際問題、毎日続けることは容易ではありません。しかも美味しくないとさらに壁が高くなってしまいます。京都の水道水をより美味しく飲むにはどうしたらよいのでしょうか。

一つは、沸騰させて飲むと良いとされています。そうすることで、混入物を除去し安全でより美味しい水となるのです。沸騰時間は10分程度が妥当で、それよりも短いと煮沸が甘く、不純物の除去ができません。一定時間沸騰させることで、そのまま飲むよりも美味しく摂取することができます。また浄水器を設置することもおすすめです。浄水器により、濾過という形で水道水中に含まれている有害な物質を取り除いてくれます。コストも思いのほかかからず、簡単に美味しい水を飲むことができます。このように少しの工夫でより美味しい水が飲めるので、試してみてもよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *