水漏れ修理の直し方

トイレのタンク内の水漏れトラブルと修理

トイレのタンクの中から、ピチャピチャと雫が落ちる音が聞こえてくることはないでしょうか。

トイレを流した後はしばらくタンクの中から水を補充する音が聞こえますが、使っていないのに水が出ている音がする場合は、タンクの中で水漏れが発生しています。タンクの蓋をとって中を覗いてみると、ボールタップと呼ばれる装置から水が漏れていることがあります。水位を調節する浮きが付いている装置で、水位が上がるとこの浮きも上がり、ボールタップ内で水を止めることができる仕組みになっています。

浮きを手で持ち上げてみて、水が止まるようだったら浮きの位置がずれているのが原因ですので、位置を少し調整すると水漏れは止まります。しかし、浮きを持ち上げても止まらないようだったら、ボールタップの中で問題が起きています。ボールタップを取り外してトラブルの原因を突き止めなければなりませんが、多くの場合中で使われているパッキンの劣化です。

従って、劣化したパッキンを新しいものに交換すれば修理は完了です。それでも水漏れが止まらないようだったら、他に原因がありそうです。さらにトラブルの原因を探る必要があります。ボールタップごと新しいものに交換してしまうという手もあります。修理会社に呼んで来てもらった場合、ボールタップごとの交換になるケースも少なくありません。トイレのタンク内の水漏れトラブルの原因は、色々考えられるため、原因の見極めと修理には経験が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *