おせち料理の予約はいつからするべきか

大手百貨店から全国規模で店舗を展開しているスーパーやコンビニなど、至る所で九月位からおせち料理の予約がスタートします。お正月に家族の健康や幸福を願って食べる料理なので、これがないと新年を迎えた気がしないという人は今でもたくさんいますが、家庭ですべてのおせち料理を作ろうとすると非常に手間がかかるのが難点です。

おせちの基本知識を紹介しています。

年末に集中的に重箱に詰める料理を作らなくてはいけないので人手もいりますし、体力もかなり消耗します。必要な材料を集めるだけでも苦労する場合もあるでしょう。



でも、今は有名な料亭やレストランで作られたおせち料理という選択肢があります。


自分達で作る手間が省けるので年末年始をゆっくり過ごすことができる上に、有名店の繊細で奥深い味わいや盛り付けなどを堪能することができるのがおせち料理を購入することのメリットです。


予約のタイミングですが、どこで注文する場合でも、人気の高いお店が作るものは早く完売する傾向が見られます。売り切れてまた来年まで頼めないということがないように、なるべく早めに申し込みは済ませておいた方が確実です。今は少しでも多くの注文を確保するために、早期予約割引価格を設定しているお店や、試供品として小規模のメニューで構成されたサンプルおせちを販売するお店も多いので、このシステムを利用しながら決めましょう。

商品の受け取りは、自宅に発送されるタイプと、自分でお店や受け取り会場まで出向くタイプに分かれます。



おせちの注目情報

おせち料理は、お祝いとしてお正月に食べられています。もとは収穫物に感謝し、その土地で収穫したものをお供えしていたのですが、食文化などの変化に伴い海や山の幸も盛り込まれるようになりました。...

more

おせちの身になる知識

おせちはインターネット通販サイトで探した方が楽です。商店街のお店やスーパーマーケット、コンビニエンスストアでも予約が行われています。...

more

おせちのみんなの常識

最近のおせちは、とても種類が多くなって好き嫌いに関係なく食べられるようになってきています。もちろん昔ながらのおせちも販売されていますし、自分で作る方もいますので問題ありませんが、和風だけではなく洋風や和洋折衷まで幅広く用意されています。...

more

おせちの特徴紹介

お正月が近づくとおせちが出回り、当たり前のように用意されて年が明けると皆で食していたものですが、近年は核家族化や食の欧米化と年中開いているお店があることでおせちに接する機会も減ってきています。おせちは漢字では御節と書き、元々は中国から伝わった五節供の行事に由来したもので3月3日や5月5日の端午、7月7日の七夕など季節の変わり目に行われる行事、節句に出される祝儀料理のことでした。...

more